世界に誇れる、日本の漆技術で作られた酒器

器は人の営みより作られ、世界のどこにでもあるものです。その土地の特徴を活かして、土から生まれる陶器、木から削り出した木地、金属やガラス等の加工品から形作ります。

日本の「漆」は、約12,600年-前縄文時代草創期のウルシの木片が福井県鳥浜貝塚遺跡から発見されており、世界で最も古い歴史を持っています。

米・酒・魚の新潟の食文化、居酒屋文化を30年以上に渡り観光推進してきた「にいがた食の陣」が、そんな「漆」と独自の「器」を組み合わせて世界に誇れる漆酒器をつくりました。 

漆塗りの歴史

ウルシ(漆)とは…日本や中国に広く分布し、その木から採れる樹液が「漆」であり、接着剤や漆器に利用されてきました。漆は、木肌が傷つけられるとその身を守るために樹液を出して保護しようとします。

その作用を縄文人は発見していたに違いない。様々な試行を行い、接着や器の水漏れを防ぐために塗布することで、よりそのモノが堅牢になることも突き止めていたに相違ない。それはこれまで発見されてきた生活用具の器や、髪を梳く櫛等に漆が使われていることから推測できます。
また日本の建築史においても、神社や仏閣等の建築物に多くの漆が用いられています。天然塗料として、また堅牢さを保つ為に重宝されていたのです。京都の金閣寺は金箔を使っていますが、その下地には漆が塗られている事をご存じでしょうか。

この様に、日本人は先達者の英知を受け継ぎ、特に食器としての木地師がカタチ作ったお椀やお箸などに漆を塗り、より堅牢で美しい食器として重宝しながら使用してきた歴史があります。

漆には高い殺菌効果が

また漆には高い殺菌効果が有ると言う事も、古代人は知っていたのかもしれません。菌という概念は知らずとも、水や食物に対して衛生的な利点があるということは把握していたのではないでしょうか。

漆の殺菌効果があることは知られていますが、2021年8月3日、箕輪漆行(福井県)が漆に新型コロナウイルスを減少させる抗ウイルス効果があることを確認したと発表しました。(出典/福井新聞 

今再び、日本の伝統である漆技術を如何なく発揮して作った酒器「酒逢シリーズ」をリリース
古に思いを馳せて、今宵のお酒を楽しんでください!

塗箔師による一点もの

小林佛檀店四代目当主、塗箔師 小林 清則。 「金ずり技法」唯一の伝承者であり、日本国際博覧会(愛知万博)にて展示した仏壇は、各国から高い評価を得ました。 「酒逢」は、世界に通用す技術を持つ塗箔師が1点1点丁寧に仕上げた特注品です。

新潟ふるさと村で販売中

新潟の観光名所・新潟ふるさと村にて各種「酒逢」を販売しています。広い日本酒コーナーに展示されており、お好みの日本酒とのギフトセットにも対応!

新潟日報に掲載

2022年3月7日の新潟日報朝刊にて「酒逢」が取材・掲載されました!WEB版「北陸・信越幹線ナビ」にも掲載しております。

ラインナップ

酒逢-知 朱赤

税込 8,030円

高さ78mm×直径 45mm

酒逢-知 黒銀

税込 10,230円

高さ78mm×直径 45mm